合同会社 能真

能真(ノーマ)

基本理念

能真(ノーマ)の語源は福祉の基本理念である「ノーマライゼーション」に由来し、 障がいがあっても、高齢期になっても誰もが安心し、普通に暮せる社会の創造を 目指し設立しました。

基本方針

  • ・私たち能真は、子どもの持つ可能性を信じ、わずかな成長にも真剣に向き合います。
  • ・私たち能真は、地域交流を通じて、子どもたちに理解ある地域づくりに努めます。
  • ・私たち能真は、経験に基づく愛情と、科学的根拠に基づく療育に努め、子どもたちと社会の懸け橋になります。

療育信条

一、
療育とは、子どもたちの関心に適切に応え働きかけを行い、子どもにとって居心地の良い空間を提供する(場面を創造する)環境整備だと理解します。
二、
家庭での養育こそが療育の真の在り方であって、燦保が支援する療育は家庭療育では経験のできないものを補うものだと心得ています(集団の中の働き(他者交流や社会体験・専門的支援)
三、
子どもたちの個性を認め、決めつけや専門者誘導等ステレオタイプの療育に陥ることなく一人一人に合った個別療育法で支援します
四、
燦保では職員の定期研修に努め、職員は専門の知識と技術法を身に付けるため日々の研鑽に努めます
五、
声に表出する言葉は表現の一部であって、生活で使うコミュニケーションツールは深い知識や経験に基づき導くものだと心得ています
六、
療育に携わる者は、自己犠牲ではなく自己使命と悦びのなかで子どもとの時間を一緒に楽しめる愛情を持った者だと心得ています
七、
愛情を持って子どもの目線に気を配ることが最善の療育であり、このことは単に療育の経験の長さではなく子どもたちへの思いの深さだと確信しています
八、
思いの深さは、共に過ごす時間の量であって、これは単純に時間の長さではないことを理解します
九、
療育とは手法ではなく、科学的、理論的、教育的、技法的等など子どもにとって必要とされる関わり方の全てが統合された、個々の支援そのものであると認識します。
十、
療育とは特別な場面を用意するのではなく普通の暮らしの中で達成していくものだと心得ています

療育信条

事業所紹介

合同会社能真 Facebook

2021年12月

バックナンバー